光回線と電話の関係とは?

既存の電話回線を光回線に乗り換える際、確認しておきたいのがインターネットの利用環境だけでなく、電話に関する点です。
ほとんどの回線事業者においてはインターネット回線に加えて電話回線を利用できるようになっていますが、中にはインターネット利用に特化しており、電話回線は別途電話事業者と契約をしなければならない場合もあるため注意が必要です。
しかし、光回線を利用した通話の場合、同じ回線事業者と契約している者同士であれば通話料が無料になるプランや割引価格となるプランが用意されている場合もあり、光回線を選ぶ際は友人や知人、よく電話をかける先が利用している回線を利用すると言うのもひとつの選択肢と言えるかもしれません。
そのため、光回線においてインターネットと電話回線を同時に契約する場合は通話料においても確認しておきたいところです。

光回線によるインターネットと電話を利用する場合、覚えておきたいのは、電話とインターネット回線は別物として扱われると言うことです。
つまり、光回線の契約をすると同時に電話回線も光回線のものと言うわけではなく、基本的には別契約と言う扱いになることがほとんどで、従来の電話は光電話として契約することになりますが、インターネット回線とセットで申し込む場合、基本料金が格安になるため、通常の電話回線利用料金よりも安価に収まります。