東京スター銀行住宅ローンとは?

東京スター銀行住宅ローンは、新しいカタチの住宅ローン東京スター銀行住宅ローンは、今までの住宅ローンとは全く違う、新しいカタチの住宅ローンとして注目を集めています。
簡単に説明すると、預金連動型となっている住宅ローンなのです。
東京スター銀行にお金を預けいれば、その残高分の金額については、住宅ローンの利息がかからないのです。
つまり、住宅ローンとして100万円を借りていたとしても、東京スター銀行の普通預金に残高が100万円あれば、利息は0円なのです。

また、住宅ローンが100万円あり、預金残高が90万円なら、利息がかかるのは差額の10円に対してだけなのです。
この預金連動型の住宅ローンには、東京スター銀行にも契約者にもメリットがあります。
東京スター銀行は、契約者の預金を集めて残高を把握できるので、返済が滞るリスクを回避できます。
また、契約者は、預金があったとしても、焦って返済に充てる必要がないのです。
どうせ、預金分は利息が発生しないので、手元に残しておいてもいいのです。
万が一の備えとなります。